no title


 1: おさかなくわえた名無しさん ID:QzpMljsO

外で匂うシャンプーの匂い



夏休みの友とラジオ体操のハンコ

>わかる。


玉音放送


夕暮れに鳴く蜩。


お昼のサイレン


○○ちゃーん!
あー↑そー↓ぼー↑

>Aちゃんと遊ぶから今日は遊べない~


お昼寝の時間、お腹にかけてくれたタオルケット

>縁側とかで日向ぼっこしながらな


夜店で3回挑戦したけど1匹も掬えず、しょげていたら
テキ屋のおっちゃんが無言で差し出してくれた、
1匹の小さい袋入り金魚。

>いい意味でも悪い意味でも
 そのルーズさ加減が良かったよな。


なにも気にせず東北の野菜や魚を買えてた頃


風船おじさん


ジャンボ鶴田の入場テーマ曲


花束みたいな形に包まれたアイスキャンディー

>おぼろげだけどあったなー


玄関先に投げ出したランドセル


教室の中に入って来る野良犬


野焼きの煙が目に染みる


夏の暑い昼間のタオルケットと扇風機


土曜は半日授業
家に帰って女の60分見ながら焼きそば食って
その後はすぐ友達たちに会いに公園に行く

>女の60分見てたわ、懐かしい

>なつかしー
 俺も消防のころ土曜日はインスタントだけど
 出前一丁のラーメンと近所の八百屋で買った
 うずらフライとコロッケを女の60分見ながら食ってた
 その後は遊びに行ってたなw


土曜日の半日授業は、独特の良さがあったな。
修学旅行の帰りに最後に学校に集合してから
帰宅するまでの帰り道。
飽き飽きするほど通っている通学路が、
その日だけは、何か特別な思いがした。
そして自宅が見えてきた時の安堵感。

>土曜半日はテンション上がったよな
 ランドセル置いて誰々んちに集合ね!
 週休2日になって味気なくなった

>ノスタルジックだ!同じ道なのにね…
 あの感覚を今味わえるかなと考えたが
 修学旅行独特のものかも


修学旅行もそうだけど、卒業式が終わって帰る時は
もっともっとだったよ。
何かの機会でまた来ることはあるかもしれないけれど
通学での帰宅は本当に今日で最後。
校門を出る前に、仲の良かった友達何人かで、
川嶋あいさんの「旅立ちの日」を
泣きながら歌ったのも今では良い思い出。


土曜の夕方は鶴ちゃんのプッツン5


朝のラジオ体操の時に鳴いている鳩
ポッポドゥードゥー ポッポドゥードゥー

>ラジオ体操懐かしいね
 朝早くに起きている特別で新鮮な感じ
 それとまだ車や人が少ない道を
 歩いて行くのが好きだったな


ダッダーン ボヨヨンボヨヨン


ノックは、無用!
てれれれれーん


熱を出して休んだ平日の昼間
鳥の声とか、車の音とか、
遠くから聞こえてくる人の話し声とか


24時間戦えますか♪


五時から男


愛情1本


パルナス


ナショナルマンガン乾電池


アン・ルイス 六本木心中


♪月月火水木金金♪


ネクロスの要塞


遠くの空に浮かぶアドバルーン。
その根元を自転車で探しに行った。


一心同体少女隊


夏休みに夢工場に行って来ました。

>俺はフリーバルに行ったよ


タバコの空き箱で作った和傘
毛糸で編んだフラメンコ衣装を着せられた
キューピー人形
田舎の婆ちゃんちになかった?


女子プロレス中継でクラッシュ・ギャルズVS極悪同盟


黒木香と豊丸


長渕剛主演のドラマ


みゆき野球教室
兼高かおる世界の旅 提供はスカンジナビア航空
世界の結婚式
日曜の朝。父親がペンキ屋さんで、
雨の日はこれを必ず一緒に見ました。

>俺はその後、スター誕生、ロッテ歌のアルバム、
 テレビジョッキーと続けてしまって
 「ああ、日曜日なのに無駄な過ごし方をしてしまった」
 と後悔してた。


愛のひとしずく
って金文字の入った鉛筆


夏休みの初日の解放感
遅く起きて、小川宏ショーの流れている茶の間に顔を出し、
早く朝ごはん食べなさいと言われたときの幸せな感じ

土曜の朝の教室は、
前日夜の帰ってきたウルトラマンの話題で盛り上がる


ママの手は魔法の手~♪
何でもできちゃう不思議な手~♪


おっいっしーぞ!おいしーぞ!
「大口くんも~おちゃま口ちゃんも~おいし~ぞ~」
sd!カレーの王子っ様っ!


墨汁の匂い


3時のあなたで放送されてた
桃屋の生CMとおばさんとオルゴールっぽいBGM


そのままでいいのさ 笑顔に会えるから
今何か感じてる コカコーラ
爽やかテイスティ i feei coke!


ランドセルのフタの留め金のとこに
なぜか刻印されてあった「アトム」


オメボン、オメチャン、オメク、オメコ、Ha

>鶴光のオールナイトニッポン
 この歌はこんな風に聴こえる
 だな!好きでした。
 深夜に声が裏返ってしまうくらい笑いました!


がんばれ!!タブチくん!!


あばれはっちゃく
父ちゃん情けなくて涙が出てくらぁ!


味と色のついた氷がちりばめられたアイス
「宝石箱」


100万円クイズハンター
平日朝10時からテレビ朝日で放映されていたクイズ番組
司会は柳生博


ティモテ~ティモテ~


うっかり昼間に「あなたの知らない世界」見てしまい
夜に思い出して眠れなくなる夏休みのある日


右に回すとシャープペンシル、左に回すとボールペン


レコ大とかで賞をとると
ステージに家族が駆けつけて涙で歌えなくなる。


鶴瓶・上岡パペポTV


ネットアイドルてるみ


しなーやかーに歌ってー
っていう歌、異国に住んでた子供時代、
いつも母が口ずさみながら家事してた
さっき調べたら、山口百恵の歌なのな


鯉もおなかが減るのかな♪
ずっと泳いでいるんだもん


プリンセスぷりんぷりん

>↑石川ひとみさん!!!


宿題終わったら夕方のアメリカの「漫画」の時間
シャザーン、親指トム、船乗りシンドバッド…
「ポパイ、ハンバーガーおごってくれよ。
 木曜日には返すよ」
ハンバーガーも見たことなければ、
週払いの意味もわかってなかった


ピンクレディの写真付きの自転車


ハイパーオリンピック、定規でボタン連打


住んでいたマンションの前に、
1日おきくらいに自転車で来ていた豆腐屋さん。
夕方の再放送アニメ。
コスモスのガチャガチャ。
リコーダーでチャンバラをする。
若山弦蔵の東京ダイヤル954。
台所で聴いていた母が
、「小沢昭一の小沢昭一的こころ」になると、
ラジオのボリュームを下げていた。


乗合バスの車掌さん。
発車オーラィ!次は○○次は〇〇、
お降りの方はございませんか?
(客:降りま~す)次、停まります!

>「願いまーす」


お口の恋人ロッテ提供、ロッテ歌のアルバム。
「一週間のご無沙汰でした。玉置宏です」


渡辺のジュースの素


夏休み、屋台で当てた、エアガンの、
箱開けた時の、樹脂の匂い


洗面器に入れてお湯で薄めて使うリンス。


ミルクチョコ 甘く切ないママの味


ガリバー坊やのポッケから
何にもかけないペンシルいっぽん
これは驚き
不二家ペンシルチョコレート


サンヨーカラーテレビ ズバコン
※世界初のコードレスリモコン、
当時の技術者はスゴかった。


ホネケーキ

>骨の形したお菓子思い出した
 カルボーンだったかな


カルボーン大好きだった、今でも無性に食べたくなる時がある
似てるお菓子ないんだよね


かわぐちひろし


米屋の専売品プラッシー


粉末タイプの歯磨き粉


カール


「鈴木くん」「佐藤くん」
というお菓子


アザラシのタマちゃん


よっこいしょういち


洗濯に出し忘れた水着の生暖かい塩素臭と
カビ臭さが混じった臭い。
クラスのみんなにバレないようにいそいそと陰で着て、
プールに飛び込めばリセットされたようで安心する。


作って食べるねるねるねるね


コメントをふられた淡谷のり子が口を開くまでのワクワク感


月曜日→月曜ドラマランド(
    不思議な話シリーズではドキドキした)
火曜日→ドリフ大爆笑(年に何度かやるドリフのスペシャル、
    新聞を見て今日ドリフやると思うと学校が楽しかった)
なるほど・ザ・ワールド
  (当時は世界のことはこの番組で知った、ひょうきん由美)
水曜日→川口浩探検隊
    (幻の花ラフレシアや巨大アナコンダにワクワクした)
木曜日→木曜スペシャル(世界のびっくり人間大集合)
金曜日→金曜ロードショー
   (哀愁漂うオープニングテーマとは裏腹に
    ゾンビシリーズなどホラー映画をやると怖くて眠れず)
土曜日→まんが日本昔ばなし→大橋巨泉のクイズダービー→
    8時だョ!全員集合!でチャンネル固定
日曜日→サザエさんを見終わると「明日学校か~」と鬱に、
  日曜洋画劇場(淀川長治さんのさよならさよならさよなら)


つぶつぶ入りフルーツシャンプー


水に入れるとジュースができる、
おっきなじょうざいみたいなジュースの素。
不二家のペロペロキャンディみたいなの一本と
粉末ジュース(?)が一つの袋に入っていて、
粉末をキャンディにつけながら食べるのん。


あかりをつけましょ爆弾に~
ドカンと一発はげ頭~


あの頃の夏は日中暑くても平気で駆け回っていられたし、
日が暮れれば夕立が来てすーっと涼しくなり、
縁側で夕涼みしたものだ
通学路から少し外れた路地に入り込むだけで
冒険した気持ちになってたな


熱中症なんて言葉はなくて「日射病になるよ」
って言われたな。


家族が仲良しだった


平日は学校終わるとおばあちゃんちに帰って
母の帰りを待ってたけど、土曜日は母の仕事休みだから
午前授業終わったら直接家に帰ってた
ただいまって家に入ると
お昼ご飯用意してくれてる母を思い出すともう泣きそう


 
引用元
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1470974773/